美しい姿勢のポジショニングイメージをもつ

美しい姿勢のポジショニングイメージをもつ


ノルディック・ウォークの時間は「日頃の姿勢のクセをチェック・修正の時間、美しい姿勢のクセ付けの時間」。骨盤や背骨、内蔵周辺を支える体幹部の奥深くにある筋肉を意識・イメージをしていただきながら指導をさせていただいております。

 

5つの美しい姿勢のポジショニングイメージ
 (からだ塾主宰 和田武宗 さんのブログの中のページ「美しい所作は肩甲骨から」より)
(「腸腰筋」「腹横筋」「脊柱起立筋群」「骨盤底筋群」「横隔膜」といった美しい姿勢に必要な意識する部分もイラストつきの解説、紹介されています。)

 

骨盤底筋群を引き上げる①骨盤底筋群を引き上げる

おへそを背骨にくっつけながら、骨盤下の四隅に
張った布の真ん中を引き上げるイメージをすると
骨盤底筋群を収縮できる。

 

 


腰骨と恥骨の三角形をまっすぐに
②腰骨と恥骨の三角形をまっすぐに

 左右の腰骨と恥骨の3点を結ぶ三角形の面が
平らになった状態で骨盤を正しい位置に保つ。
あおむけなら三角形を床と平行に。

 


おへそを背骨に引き寄せる


③おへそを背骨に引き寄せる

おへそと背骨をお互いに引き寄せあうようにすると、
体の中心の骨盤や背骨を安定させやすく
コアの筋肉を効果的に使える。

 


肩甲骨をお尻のポケットに入れる
④肩甲骨をお尻のポケットに入れる

 姿勢の悪い人は、肩や首によけいな力が入り
肩甲骨が上がりがち。これを意識すると
肩甲骨が下がり、正しいポジションに。

 


鎖骨と肩甲骨を開く
⑤鎖骨と肩甲骨を開く

 十字架の左右、上下がそれぞれの方向に
引っ張られるイメージ。肩や首に力が入らず
すっきりしたネックラインを維持できる。

 


 

住道ノルディック・ウォーク2

エクササイズはもちろんのこと腰痛や膝痛の予防、軽減に効果があるノルディック・ウォークですが頭でイメージしていただくことでさらに効果があると感じております。

 

 


<関連>