私は・・病院で「側湾症でこのままいくと老後に歩けなくなりますよ」

 

私自身のことを書かせていただきました。
病院で「側湾症でこのままいくと老後に歩けなくなりますよ」と

 

身体が丈夫なことが取り柄で、小学生の時はソフトボール、中・高校とバレーボール部、幼稚園から学生時代までずっと皆勤賞が私の自慢でした。

 

ところが10年前、就職に必要な診断書を取りに病院に行った時、先生から「背骨が湾曲する側湾症でこのままいくと老後に歩けなくなりますよ」と言われたんです。実は小学高学年の時に健康診断で側湾症検査に引っかかり経過観察だったのですがそのままになっていました。

 

確かに身体が捻れている感覚がずっとありました・・・普通ににすると右肩が下がり捻れて落ちていく、それを常にがんばって保っていた感じです。しかしそんなに悪いとは思っていませんでした。また腰痛や首捻挫痛はありましたが出産、子育て、2度の事故経験により仕方がないものと思っていました。

 

それ以後は、よいと言われる体操をはじめ、水泳やウォーキングなど自分なりに色々と努力をしていましたが、ノルディック・ウォークに出会うことで大きな改善ができたのです。捻れはほとんど気にならない程度に、今は腰痛もなくなり元気に過ごさせていただいています。

 

側湾症は女性に多く原因は、先天性、思春期に発症する原因不明のもの、姿勢悪さ、筋力の低下、病気によるものなどで、生徒さんの中にも数人いらっしゃいますが、ドクター、整体の先生と連携をとりながら、私の経験をお伝えしながら改善に向けて笑顔で頑張って頂いています。

 

「100才まで元気に歩ける身体づくり」に貢献してまいります。

 


◆ノルディック・ウォークサークルパフィン
(レッスン会場:住道駅前大東サンメイツ・大東市総合福祉センター・いいもりプラザ)

住道駅前大東サンメイツ 月(午後)・水(午後)
大東市総合福祉センター 月(夕方)・木(午前)
いいもりプラザ     月(午前)・金(午後)・金(夕方)

◆ノルディック・ウォーク個人レッスン

<お問合せ>

担当:中原(090-8388-8099)