上品で凛と咲く「梅の花」あこがれ

 

きょうは風が強かったですね。本日もお陰さまで、ノルディック・ウォークやそのほか元気に活動をさせていただきました。

 

ところで、「梅の花」がきれいな見頃を迎えておりますね。

 

私は、子どもの頃から、まだ冷たい早春の風に、控えめでありながら気高く咲く「梅の花」がとても好きなんです。上品で凛とした美しさ、香り。

 

そんな女性になりたい・・・きっと憧れだったのかもしれません。

 

(写真:野崎参道商店街振興組合@公式つぶやきさんTwitterより)

 

いまは、花見といえば桜ですが、平安時代頃までは花見といえば梅でした。万葉の昔から日本人に愛されて止まない魅力。

 

ことしも、日本人として生まれた喜びを感じながら、心ゆくまで「梅の花」を愛で味わいたいと思います。

 

 

英名  :Japanese apricot

花言葉   :気品 上品 忠実

(上品な美しさ 高潔 高潔な心 潔白 忠実 忠義 澄んだ心 独立 喜び 忍耐 厳しい美しさ 艶やかさ 約束を守る 美と長寿)

 

るるぶ.com
梅の名所へでかけよう2017