河内キリシタンの聖地① キリシタン史 “真空の時代”

河内キリシタンの聖地

 

フランシスコ・ザビエルが来日しキリスト教が伝来されたころ、日本は室町・戦国の時代でした。

足利幕府は勢力をなくし京の都も混乱していました。

 

ザビエル

フランシスコ・ザビエル

 

その時幕府の代わりに実権を握っていたのが織田信長に先駆けた天下人三好長慶であり、長慶の居城飯盛山城(大東・四條畷)は近畿地方の延いては日本の政治の中心のような場であったとされます。

 

 

三好長慶

天下人飯盛城主 三好長慶

 

飯盛古地図

飯盛山(飯盛城跡)

 

 

長慶が日本でのキリスト教の布教を許可し、1563年に飯盛山城で有力な武将・大名をふくめた73名が洗礼を受けます。

 

そして、飯盛山麓は異教徒がいないと言われたほど「河内キリシタン」は隆盛をきわめ、「畿内キリシタンの聖地」となりました。

 

河内キリシタンイメージ図

河内キリシタンイメージ

 

しかしその後の迫害弾圧の強さを物語るかのように、跡形もなくといっていいほど遺物の発見もなく、地元地域の人々も知り語られることなく現代を迎えました。

 

2002年に日本最古のキリシタン墓碑が発見されたことにより「河内キリシタン」が日本史研究の上でも評価されるべきことと注目されるようになりました。

 

礼幡墓碑 畷

田原城城主・田原レイマンの墓碑 (日本最古のキリシタン墓碑)

 

 

2010年に初めてのシンポジウムが開催され河内キリシタン研究会が発足。

 

今後はキリシタン史の中で“真空の時代”といわれる「河内キリシタン」が日本全国広く知られるようになることでしょう。

 

 

◆河内キリシタンの聖地~河内キリシタン研究の第一人者神田宏大牧師にお話を聞きました

神田牧師書籍

神田牧師の著書「野崎観音の謎」は臨床に基づく納得の内容であり隠れキリシタンを学ぶテキストともなる名著として学術的にも高い評価をうけています。

 

地元でも「河内キリシタン」を誰も信じることがなかったゼロのスタートから40年、一途に研究を積み重ねてこられた河内キリシタン研究の第一人者神田宏大牧師のご努力と偉大さに心より敬意を表します。

 


河内キリシタン研究会神田宏大牧師 (動画)

(1)河内キリシタンのはじまり~日本最古のキリシタン墓碑 (7分)
(2)飯盛城主三好長慶と河内キリシタン~モンタナス日本誌 (7分)
(3)河内キリシタンの聖地~大東・四條畷 (10分)
(4)三箇キリスト教会イースター祭と野崎まいり (4分)
(5)野崎観音の謎~隠れキリシタンの寺か? (8分)

河内キリシタン研究会会長/野崎観音の謎・著者

河内キリシタン研究の先駆者、神田宏大先生 やすらかにお眠り下さい。(2016年6月)


<関連>
河内キリシタンの聖地②モンタヌス日本誌』挿絵 SACCAI(堺港図)は大東市の地形・風景に酷似

天下人三好長慶の飯盛山城跡は「戦国時代の究極の城!天上の巨大城郭・魅せる城!」
解説『三好長慶と飯盛城』

河内キリシタンの聖地~河内キリシタン研究の第一人者神田宏大牧師にお話を聞きました


ぐっと盛り上げる観光
ノルディック・ウォークおもてなし観光ツアー

美姿勢で元気100才健康のまち・ノルディックウォーク観光のまち
ワクワクのおもてなしツアーの企画を行なっています。

◆のざき散策3名所めぐり 「野崎観音・宝塔神社・堂山古墳」ご案内

◆河内キリシタンツアーもお受けいたします

担当:なかはら(090-8388-8099)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.