名刀はそれにふさわしい武将、天下人がもつ~ 天下人 三好長慶の名刀(一覧) 

「名刀はそれにふさわしい武将、天下人がもつ。」

天下人 三好長慶の名刀 (一覧)

 

250px-三好長慶

 飯盛城主 天下人 三好長慶


飯盛古地図


石垣 看板


  国宝 太刀 長光 (名物大般若長光)

 足利将軍家、第13第将軍足利義輝から下賜
東京国立博物館所蔵

三好長慶→織田信長→徳川家康→奥平信昌→松平忠明


 

長光

 

 


  三好長慶 愛刀  正宗短刀

正宗短刀

 

 


三好長慶 愛刀 名物岩切海部

名物岩切海部

 


三好長慶 愛刀 名刀 「不動国行」 太刀(鎌倉時代)

佩表に「倶利伽羅龍」佩裏には「滝不動」 光徳刀絵図に記録が有。

三好長慶→信長→光秀→秀吉→秀頼→家康→徳川家→S40年頃近隣国に流出し未だ不明也

本阿弥光徳(ほんあみこうとく)
刀絵図名物帳を制作した光徳とは 本阿弥光徳(ほんあみこうとく)(1553-1619) 桃山時代の刀剣の鑑定と研磨を業とした本阿弥宗家第九代。豊臣秀吉に召し抱えられ当時期会目利きの第一人者。

不動国行

不動国行2

 


 三好長慶 愛刀 「水に降る雪」 の号がある 名刀 「安宅貞宗」(あたきさだむね)


安宅定宗1

安宅定宗2


三好長慶一族の愛刀 名刀 筑前国左文字(南北朝時代)

(三好宗三)→今川義元→信長→秀頼→家康→徳川家→将軍家重宝、明暦の江戸大火焼け再刃

→信長を祀る建勲神社(たけいさき・京都)奉納→歴史的価値が大きいと重要文化財指定

筑前国左文字


三好長慶一族の愛刀  名刀 三好江

三好修理太夫長慶所持

三好口

 


 

三好長慶一族の愛刀 名刀 薬研藤四郎 (短刀)

畠山政長→足利義輝→松平久秀→信長
薬研を貫いたところから命名。本能寺の変で消失

短刀薬研

 


三好長慶一族の愛刀  名刀 実休光忠

三好実休→信長→秀吉

光貞

 

 

 


◆刀剣研師尾崎明幸「プロフィール・経歴」・刀剣について「古墳時代から江戸・現在までの刀剣の移り変わり」「天下人三好長慶の刀」

第1部  刀剣研師 尾崎明幸 「プロフィール・経歴」・ 刀剣について(9分)
第2部  刀剣研師・尾崎明幸 「古墳時代から江戸・現在までの刀剣の移り変わり」(10分)
第3部  刀剣研師・尾崎明幸 「天下人三好長慶の刀」(11分)

 

img_3771


<関連>
刀剣研師 尾崎明幸さんのご自宅でもある尾﨑刀剣研磨處(おざきとうけんけんまどころ)にてUstream放送
「大東・三好長慶会」発足 名誉顧問に東坂浩一市長(同会会員)が就任
河内キリシタンの聖地①キリシタン史“真空の時代”
天下人三好長慶の飯盛山城跡は「戦国時代の究極の城!天上の巨大城郭・魅せる城!」
解説『三好長慶と飯盛城』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.